■自動車関連ニュース


その中古車買取査定額に納得いきますか?今どきの車買取業者の利益の割合

車は少しでも高くで買い取って貰いたいものです。

しかし、車の売却のタイミングが悪いと損をする場合が出てきますので気をつけた方が良いでしょう!

というのも中古車の買取相場は毎日変動しています。

車は年式が古くなればなるほど、走行距離が長くなればなるほど車両価値が下がってしまいます。

1年を通して車種によっては相場が上がる場合もあります。

例えば春先は、就職などで軽自動車や燃費のいい車、夏にはオープンカーなどの車の人気が集中するので、このタイミングを逃さないことも大事ですね!


車の売却タイミング!逃していませんか?

クルマの平均寿命は10年と言われていますが実際に5年位で車を手放す人が多いのです。ですが、一般的に車の価値は買った時が一番高い商品です。そのため登録された時点から大幅に下がっていきます。

これは新車も中古車も同じことが言えます。

もちろん、人気のある車や希少価値のある車・車種によって違ってきます。

人気のある車であれば期間が経過しても価格の減りも緩やかです。


中古車買取価格の落とし穴

洋服や日常品に限らず買い物は少しでも安く手に入れたいものです。まして高価な買い物になればなるほど1円でも安くなると嬉しいですよね・・・

これは車にも言えることです。

最近ではプリウスやアクアなどのトヨタのハイブリッド車は勿論、様々なエコカーが増えています。また若者の車離れだと言われていますがそれは首都園の話です。公共機関の整った街は車に変わる交通手段はたくさんあります。

むしろ都会では車の維持費や駐車場代などがかかってしまい、時々乗る程度の人にとっては必要がないかも知れません。

携帯電話代金が1万円ほどする中、駐車場代に毎月2万円~4万円とか、ガソリン代が2万円、自動車保険代が1万円、高速代金を含めなくてもコレだけで毎月5万円はかかります。携帯やスマホ代を含めると毎月6万円です・・・。下手をすると家賃代金と同じか、それに近い金額がかかります・・・。

しかし、


ペナルティ制度を採用した任意自動車保険

2013年10月から任意で加入する自動車保険のシステムが大きく変わります。
大手、ネット保険に関係なく、どこで加入しても必ず適用されます。

まだまだ先の話しと思っているかもしれませんが、
実際には2012年10月から新しいシステムでスタートしています。
あまり告知されていないので未だに知らない人もいますが、
システムを変えた本来の目的は自動車保険の収益を赤字から黒字にすることです。

表面上ではそのようなコトを言ってませんが、
等級プロテクターなどのオプションで軽い自損事故で
保険を使用する契約者が増えたため、自動車保険業界は大赤字なのです。


1

おすすめ人気NO1:カービューの一括査定 無料で最大8社(大手・専門査定会社)から車の一括買取査定!。 自動車の下取り・買取価格はよく調べないと損をします。 自動車一括査定業界のなかで最も実績があるカービューは外せない! ・約3分の査定申込み【一度の申込みでカンタン】 ・最大8社に一括査定見積もり【全国対応】 ・無料で愛車の最高額が調べられる!【比較見積り】 ・ユーザー査定見積もり実績 業界NO.1 ・サービス参画企業様数 業界NO.1 ・サービス稼働期間 業界NO.1 :カービューの一括査定

おすすめ人気NO2→ガリバーの詳細はコチラ

顧客満足度NO1のカーチスと、業界NO1の規模を誇るガリバー、中古車買取りの査定を依頼する場合にはこのどちらも外せません。中古車買取りで損をしないためには、まずはこの2社で、それぞれインターネット査定をすることをオススメします。