中古車買取価格の落とし穴

洋服や日常品に限らず買い物は少しでも安く手に入れたいものです。まして高価な買い物になればなるほど1円でも安くなると嬉しいですよね・・・

これは車にも言えることです。

最近ではプリウスやアクアなどのトヨタのハイブリッド車は勿論、様々なエコカーが増えています。また若者の車離れだと言われていますがそれは首都園の話です。公共機関の整った街は車に変わる交通手段はたくさんあります。

むしろ都会では車の維持費や駐車場代などがかかってしまい、時々乗る程度の人にとっては必要がないかも知れません。

携帯電話代金が1万円ほどする中、駐車場代に毎月2万円~4万円とか、ガソリン代が2万円、自動車保険代が1万円、高速代金を含めなくてもコレだけで毎月5万円はかかります。携帯やスマホ代を含めると毎月6万円です・・・。下手をすると家賃代金と同じか、それに近い金額がかかります・・・。

しかし、


中古車一括買い取り見積もり

地方に行けば行くほど車は無くてはならない生活の一部になっています。田舎暮らしでは車の数も家族の人数と同じ台数が駐車場に並んでいるのも珍しくありません。

それでも車はまだまだ高価な買い物です。

なので、車を購入する時は「できるだけ安い価格で購入したい!」「車は少しでも高く売りたい!」そんな風に思っている人も多いのではないでしょうか?

庶民が悩むのは同じ自動車でも査定価格が会社や店舗によっては随分開きがあることです。2,3万円程度ならまだしも10万円、20万円と違うことも珍しくありません。多くの消費者は車を買い換える時は今乗っている車を下取りして新しい車を購入しています。

次の乗りたい車を探しにいろいろな店舗を回ってお気に入りの車を見つけだします。気になる車があると店舗で説明を聞きにいくと・・・その時、決まってデイラーから「今の車を下取りされますか?」と聞かれます。

すると数分位で愛車の査定価格を知らされます。新車の見積書の中には今査定してもらった愛車の査定価格がそのまま値引き価格になっていくのが一般的です。饒舌なデイラーのトークもあって購入金額にも満足して契約する人が結構います。

しかし、買取価格は本当に妥当な金額だったのでしょうか?


できたら、デイラーの出した金額を鵜呑みにせず、買取専門店でも見積りをしてもらうことをオススメします。

それでも面倒だと思う人はインターネットなどで紹介されているガリバーやカーチス、アップルなどの中古車買取サイトがあります。必要な項目を入力するだけで簡単に見積り価格が表示されるようになっています。

デイラーが出した価格が安い高いかがスグに分かるので便利ですよ!!


おすすめ人気NO1:カービューの一括査定 無料で最大8社(大手・専門査定会社)から車の一括買取査定!。 自動車の下取り・買取価格はよく調べないと損をします。 自動車一括査定業界のなかで最も実績があるカービューは外せない! ・約3分の査定申込み【一度の申込みでカンタン】 ・最大8社に一括査定見積もり【全国対応】 ・無料で愛車の最高額が調べられる!【比較見積り】 ・ユーザー査定見積もり実績 業界NO.1 ・サービス参画企業様数 業界NO.1 ・サービス稼働期間 業界NO.1 :カービューの一括査定

おすすめ人気NO2→ガリバーの詳細はコチラ

顧客満足度NO1のカーチスと、業界NO1の規模を誇るガリバー、中古車買取りの査定を依頼する場合にはこのどちらも外せません。中古車買取りで損をしないためには、まずはこの2社で、それぞれインターネット査定をすることをオススメします。


関連記事

その中古車買取査定額に納得いきますか?今どきの車買取業者の利益の割合

車の売却タイミング!逃していませんか?

ペナルティ制度を採用した任意自動車保険