車の売却タイミング!逃していませんか?

クルマの平均寿命は10年と言われていますが実際に5年位で車を手放す人が多いのです。ですが、一般的に車の価値は買った時が一番高い商品です。そのため登録された時点から大幅に下がっていきます。

これは新車も中古車も同じことが言えます。

もちろん、人気のある車や希少価値のある車・車種によって違ってきます。

人気のある車であれば期間が経過しても価格の減りも緩やかです。


中古車一括買い取り見積もり

3年経過時の査定額

仮に新車を購入して3年たったところで査定をしてもらったといしたら、おそらく購入当時と比べると価値は半分以下に下がっていると思います。

もしかしたらそれ以上に「リコール問題が多発していたり」「車両としての評価が低い」と価値が下がっている可能性があります。

その他にも例えば車に破損したところがあったり、オイル交換など手入れがあまりされていなかったりすると査定時に減額の対象になります。

しかし新車の所有者は購入した時点の価格が3年経っても変わらないと思っている人が多いので車の価値がこんなに年々下がっていくとは思っていません。

なので、3年位で車の価値が半分に下がってしまうと売るのは損だと感じています。

売却査定が下がる原因

多くのユーザーは車を手放そうと思える時期は5年位から考えるのではないでしょうか?

この時期は客観的な価値の下がり具合と主観的に見た価値が合致する年数だと考えられます。

しかし、車を売るときは少しでも高くで売りたいものです。

売却するタイミングが合わないと金額に大きな差がでてきます。

なぜなら、中古車の市場は常に変動しています。同じメーカーの同じモデルの新車モデルが発売は間近に予定されていたりすると10万円、20万円は価格が一気に下がります。

季節要因とカラー

その年の人気の色や車種によって売れる車と売れない車が出てきます。

しかも、季節によっても価格が上がる車があります。

7月・8月頃に人気があるオープンカーや3月4月によく売れる軽自動車などの購入者が多いので、このタイミングを逃さずに車を売却すると期待できるのではないでしょうか?

また、店舗の決算時期とかボーナス時期などに車を購入するには、お得な時期です。

さらに、中古車の買取価格には車のボディー色が影響する場合もあります。

同じ車でも人気のあるボディー色だったら査定価格が随分変わる時があります。

ボディ色は基本、白、黒、グレーです。逆にそれ以外な色の場合、10万円くらいは下がります。


おすすめ人気NO1:カービューの一括査定 無料で最大8社(大手・専門査定会社)から車の一括買取査定!。 自動車の下取り・買取価格はよく調べないと損をします。 自動車一括査定業界のなかで最も実績があるカービューは外せない! ・約3分の査定申込み【一度の申込みでカンタン】 ・最大8社に一括査定見積もり【全国対応】 ・無料で愛車の最高額が調べられる!【比較見積り】 ・ユーザー査定見積もり実績 業界NO.1 ・サービス参画企業様数 業界NO.1 ・サービス稼働期間 業界NO.1 :カービューの一括査定

おすすめ人気NO2→ガリバーの詳細はコチラ

顧客満足度NO1のカーチスと、業界NO1の規模を誇るガリバー、中古車買取りの査定を依頼する場合にはこのどちらも外せません。中古車買取りで損をしないためには、まずはこの2社で、それぞれインターネット査定をすることをオススメします。


関連記事

その中古車買取査定額に納得いきますか?今どきの車買取業者の利益の割合

中古車買取価格の落とし穴

ペナルティ制度を採用した任意自動車保険